FC2ブログ
ライブレポとラジオレポとあと雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆきこのちっちゃなことのは。
fc2ブログよりインターネットを通じて全世界にお届けしております。

そういえば書いてなかったなと思ったので、
アンダーグラフの「この場所に生まれた僕達は いつも何が出来るかを考えている」
椎名林檎の「三文ゴシップ」について語ろうと思います



まずは「この場所に生まれた僕達は いつも何が出来るかを考えている」
非常に長いタイトルなので、最初キャッチコピーだと思い、
「あ、なかなかいいキャッチコ・・・・・・え?」
と驚いた一枚です。
いままで一切触れていませんでしたが、発売日に買ってすぐさま聴きました

今回のアルバムで特に気に入った・・・や、ほとんどですけど、
そのなかでも厳選された数曲をpick up

・春風満帆
こういう曲調も大好きなんで全体的にかなリ好み。自然と楽しくなれる一曲だと思います。
春のきらきらした風が見えそうな、そんな気持ちになります。
早くライブで聴きたいです

・puberty(Instrumental)
ギターのフレーズに耳を奪われがちですが、
皆さん気づいていらっしゃるでしょうか、このドラムの素晴らしさを!!
いや、谷口さんのドラムは前々から凄いとは思っていましたが、
この曲はまさにその凄さが凝縮されているように思います。
これ絶対ライブで盛り上がりますよー
さんざんドラムについて語りましたが、ギターとベースもそれぞれに
集中して聴いてみると「おおっ!!」となるんじゃないかと。

・遥かなる道
これは2009/02/01の記事で少し語ったので省略。

・僕に何が出来るか、考えている。
結局答えは見つかっていないけど、それでも考えづつける事を
やめないとこから見えてくるかすかな好転への兆しとか、
歌詞に出てくる貴方に対する愛情なんかよく表れていて
全体的に優しさが包んでいるような一曲に思えました。
これは某ラジオ番組で演奏したアコースティックバージョンも
共通してあるなあと思いました。こっちも素敵でしたよ。

・流転
ブックレットの写真の影響を省いても、広大な空を感じさせる一曲だと思います。
目を閉じて聞くと果ての無いような景色か思い浮かぶような、
ものすごくものすごく壮大なものを感じます。
記憶~二人までがわりとパーソナルな世界を歌っていただけに、
さらにそんなふうに感じるんでしょうか。
うん、すごく好きです。



続いて「三文ゴシップ」
例の貸してもらった時に叫んでしまった一枚です(笑)
こちらも厳選された数曲をpick up

・流行
もともとラップはちょっと苦手だったのであんまり好きじゃなかったけれど、
今やこれなしに三文ゴシップは聴けないなと
なかなか素敵なコラボになったなあと思います。

・カリソメ乙女
これは例の友達がカラオケで歌ったのを聴いてかなり気に入っていました。
「行かないで・・・」とか言って散々引き留めたくせに、
男がその気になったとたんに突き放すなど、女を生々しく歌っているというか、
女の本性を剥き出しにしたような、そんなとこがかなり好き。

・旬
PVで初めて聴いたんですが、いいですね、この曲
最後のサビに向かうとことか、優しく諭すようなとこ、いいですよね。
染みこむような歌声、アウトロ、すべて素晴らしいなと思います。

・尖った手口
はい、こんな曲調、並びに歌詞、好みです
一番のサビの最後のフレーズにやられた感じです。
ラップもいい感じに曲を締めくくっていて好き。
そのあと間髪入れずに色恋沙汰に繋ぐところがテンポよくてついつい聴いてしまいます。

・丸の内サディスティック (EXPO Ver.)
コーラスとのハーモニーが素晴らしいと思います!!
普通バージョンもいいなと思っていたけれど、
こっちはさらにいいなあと思います
今回のアルバムで一番好きかもしれない。



二枚とも最近のお気に入りです
この二枚、聴いて損などないと思います
スポンサーサイト

【2009/07/18 10:56】 | 音楽
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。