FC2ブログ
ライブレポとラジオレポとあと雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10thツアーが終わり、打ち上げも終わったあとのホテルの一室からお届け
まず始めにしていなかった静岡の話を。

阿佐「今年一発目の東京のライブでひとつ形に出来たことが自信になってですね、静岡では一枚服を脱いでライブをするということを、やったんですけど」

そもそもの始まりはでベース中原さんがMCでアンケートに書いてくれた事はなるべく
実行しようという話をしたときに、加えて
『阿佐、服脱げと、そういうことも書いていいんじゃないかな』
と言ったことから。それからだんだんそういう意見が増え出したそうで、
遂に静岡にて一瞬脱いでタンクトップ一枚になった阿佐さん。
(でも恥ずかしくてすぐ上に着たとか)
たくさんある意見のなかでコンセプトにあった、はみ出していないものならば
やりたいという事でやってみたようです。
それ以上は、見たく無い人もいるだろうけど、鍛えて人に見せれるようになり、
かつそんなグルーヴがあれば見れるかもと阿佐さん。

阿佐「2010年、ちょっとだけ肉付きのいいギタリストが誕生するんではないかなと。
そういうふうになれるよう頑張ります」

大阪では結成当時からのファンの人も目につき、いろいろな事を思い出され、
特別な場所だと思ったようで、大阪でファイナルは縁があったのかなと。
自分のなかにしっかり残るライブになったかなと語っていました。
同じ時間や思い出をみんなと共有出来たとことが本当に嬉しかったそうで、
全箇所で何かひとつになれたり、繋がれたんじゃないかなと感じられたらしく、
印象に残る大事なツアーだったんじゃないかなと阿佐さん。

阿佐「この先ずっとこのツアーはこいうだったって言えるツアーになったんじゃ
ないかと、思います」

下は15歳、上は50代の方というように様々な世代の方が参加した今回のツアー。

阿佐「別に一緒に騒ぐ必要は無いんです。自分が楽しかったらいいんです。
ただ、回りに迷惑をかけることはよくないと思います」

だから歳とか関係なく、ライブハウスを毛嫌したり怖がって足を運ばない人も
いるでしょうが、まず一歩踏み出してくれたらと。車椅子の方だったりも、
連絡して下されば対応するので、

阿佐「2010年もみんなと共に歩んでいけたらいいなと、そう思える1日でございました。
だから2010年も、これからも、アンダーグラフと共に何かのご縁だと思って
なにかひとつ繋がっていたいと思って頂けると嬉しいです」


今日は大阪でラストを飾ったまた帰るからをオンエア


阿佐「アンダーグラフ ギター・阿佐亮介でした。来週もこの時間にお会いしましょう」



スポンサーサイト

【2010/03/08 20:26】 | ラジオ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。