ライブレポとラジオレポとあと雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅くなりましたが、今年初ブログです
今年もよろしくお願いします。

いよいよ明日がツアーです!!
今回は日曜なんで開演前にぶらっとしようかなと思っております。
今までは大阪観光できなったので今からわくわくしてます
迷子になりませんように(笑)
今回は初ツアーアンダーグラフのこと参加なんでそれもどうなるか楽しみ
このツアー参加される皆さん、楽しみましょーね



ということで、未完成ながら前回の対バンツアーのレポを!
完成次第また別でUPしようと思います。
はじめから攻めの主催
谷口さんの「ハイスピードカルチャ―♪」から2曲目に。

大阪だけのアンブレラ・真面目過ぎる君へ・また帰るからの
懐かしい3曲はやっぱりええなぁ
真面目過ぎる君へはとおるさんのピアノと真戸原さんの歌声だけで
自然と泣けてくる。3人がくわわっての2番からの音楽の世界が広がった感じも
素敵でした。


阿佐さんのソロコーナーではノリに乗って会場をわかせるギタリストを
座って聞いたり(とおるさん)、煽ったり(中原谷口ペア)、
にやにや笑ったり(真戸原さん)して見守るメンバーがなんか微笑ましく(笑)


後半の盛り上がりは凄い!!
真戸原さんはスピーカーにもたれて歌ったり前に出たり・・・
阿佐さんの胸元から手を滑り込ましたり(笑)、それ阿佐さんはにのっかったり
中原さんもターゲットにされたものの、笑ってかわした模様。


以前から聞いてはいたけど見れなかった谷口さんととおるさんのリズム合わせを
ジャパニーズ ロック ファイターのギターソロでしていたのを見れました
だからあまりソロに集中してなかったという…


驚いたのは中原さんがベースを触らせていたようなこと。
よく見えませんでしたが…



真戸原さんのMCではドキュメンタリー制作話が。
その時にインディーズ時代の映像をみたそうで、

真戸原「ありえんくらい声高くてね。『いきます!!(再現)』みたいな。しかもそ
のあとの音がうすっぺらくて」


スムルースの徳田さんが始球式にでるという話では、

真戸原「他のバンドは羨ましがらないようにしてたんです。俺らは俺らってね。
でも始球式ええなあ」

とかなり羨ましがってました。野球好きやな―。
さらに野球話に熱くなって、

真戸原「僕、野球選手になりたかったんで。今でも夢ですが……もう無理?」
阿佐「ちょっとな」
真戸原「音楽してる人のチームつくるとか」
阿佐「はは(笑)」


また、ドキュメンタリーをつくるにあたって母校に行ったらしい。
真戸原さんいわく、母校に行ってみるっていいよと進めていました。
ちなみに、真戸原さんと阿佐さんの幼稚園は6才の子供に『動物園』をかかす
厳しいとこだったそうです。
古い作文がでてきたので読み返してみたら、かなり暗い内容だった真戸原さん(笑)
子供の世界でもいろいろ考えていたんだなあと。

真戸原「みんなも帰ってアルバム見たりとかするといいよ。作文に偉そうなこと
書いてあったりするし(笑)」

ちなみに阿佐さんの作文は『進化の過程について』というタイトルで、
『便利だがぬくもりが無い』というもの。なんか似たもの同士ですね。


手相ブームのアンダーグラフ

真戸原「ここに線のある人は情熱的で」
客「へえ――」
真戸原「今つくりました」
客「(笑)」

真戸原「左手の゛ラ゛みたいな」線が……こことここの……わからなくても
『うんうん』って反応してや(笑)この線が繋がっている人が多いんですけど、
実はメンバーに繋がってない女性が一人いまして。誰とは言わないですけど」
谷口「(笑)」
真戸原「繋がってない人は空気が読めない人だそうで。繋がってないやんな、
谷口」
谷口「はい(不服そうに)」

そんなKY線を持つ谷口さんは本来の大阪の公演日である5月27日に39度の高熱が
出ていたとか!本人いわく、

谷口「メンバーの熱い思いがそうさせて、あたしのせいじゅないで」

とか(笑)
もし中止にならなかったら熱あっても舞台に立つつもりやったという
谷口さんにプロ根性を感じました。


真戸原「今日はなっかんが来てくれました」
中原「どうも。こんなステキなライブによんでくれてありがとうございます」

からの中原さんのMCは「みんなを利用(?)してこのツアーで僕らがを友達を作っている」
とか、「みんなの力が必要です」とか話ていて、真戸原さんに「校長先生みたい」
と突っ込みが(笑)


ライブ終盤で、
真戸原「なんか時間たつのはやいなあ…」
客「最初から!」
真戸原「最初からする?」
客「いえーい!」
真戸原「2倍お金払ってもらうよ」

というやりとりがあり、アンコール前、一人の一声から「アンコール」が
「最初から」に!(笑)
そしたらなんとメンバー再登場の後一曲目のイントロが流れてちょっと
歌ってました(笑)最初からコールはじめてだったとか。


ここのMCで次のツアー告知!
カンペが見えにくかった?真戸原さんのために
阿佐がひざまづいてカンペを持ち上げて、

真戸原「25年くらいではじめて感謝した」
阿佐「おいっ!!」
なやりとりが


対バンだったのでワンマンより曲数は少なめでも、かなり楽しかったです。
そして、また帰るからで終わると思いきやの時の不意打ちの春風満帆、
嬉しかったです



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2010/01/30 12:51】 | 日記
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。