ライブレポとラジオレポとあと雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記ではお久しぶりです
結構書いてたんですが、なんかエラーで消えました
なので、もう簡単に一年振り返りましょう!!
引き続き、よしもと芸人祭りみながらお送りします!!!

今年は去年に比べたらかなりいい年だったとおもいます。
まあ・・・・最後の最後に今年ラストのAonGを半分聴き逃したんですが、
それでもいいとしです、ええ

いよいよ受験勉強をスロースタートしだしたので、
ポルノグラフィティとか椎名林檎さんのいろいろなお祝い出来なかったのが
残念です
来年はもっとできなくなりますが、それでもちょいちょいぼやきに来るので
来年もちっちゃなことのはをよろしくお願いします。

では、みなさん、よいお年を




あ、そうそう、

tanigutibirth


遅れましたが、谷口さん、お誕生日おめでとうございました
スポンサーサイト

【2009/12/30 16:08】 | 日記
トラックバック(0) |
まず、軽くツアーで行ったほのぼのとした金沢のアコースティックと
お客さんの熱気に押しに押された新潟の話を。
アンダーグラフのライブに雨はつきものだよなあということで、グッズで
傘をつくっては?と上に投げ掛けようかなと阿佐さん。
実現するかもしれませんね



つづいてチャリティ―の報告事。
タイアップのことや、ダウンロードについての説明をしていました。




再びツアーの話に。
12/6は谷口さんのお誕生日だったのですが、その数日後のライブでお客さんから
バースデーソングを歌ってもらえてたのが嬉しかったそうで、
この場を借りて阿佐さんからお礼が伝えられました。

アンダーグラフの場合、年頭はツアーが無くて制作作業に終われていることが
ほとんどらしく、2月生まれの阿佐さんはハッピーバースデーを言ってもらえる
機会がないそうです
なかなかこの日!とライブの予定を決めることは難しいと事ですが、
谷口さんは2年連続誕生日にライブの予定がはいり、羨ましそうな様子の阿佐さん。
やっぱり祝ってもらいたいなあと。ついには自分で企画してしまおうかななんて(笑)

ジャパニーズ ロック ファイターは29歳から30歳になる日(2008 2/5 23:59)に
プリプロが完成した一曲で、思い入れ深く、そんなことをしていって
アンダーグラフの楽曲が増えていくかたちらしいです

阿佐「皆で誕生日を祝うってね、嬉しいものなんですよ。皆の笑顔を見ながら
演奏出来てる事事態も嬉しいですけど。
自分の生まれた日をね、皆で祝えたら逆に嬉しいなあって思ってたりするので」

また、リスナーのなかに「もうすぐ誕生日なんです」って人がいれば、
こちらからおめでとうといいたいなと阿佐さん。

阿佐「ぜひ、僕の声でよければおめでとうと気持を込めて言いたいので送ってい
ただけると嬉しいです」



ライブを見に来てくれる人になるべくスニーカーを履くことを推進している
阿佐亮介さん
アンダーグラフのライブは場所によりけり暴れるとこがあり、そのときに
足首を怪我したりまわりのお客さんに怪我をさせないように・・ということで
スニーカーがいいんじゃないかなあと。
阿佐さん自信も演奏する時にスニーカーが多いそうですが、
今ツアーはブーツを履くようにしたとか。(でも一応ぎゅっとしめられる紐靴)
もし、その靴見たいなと思う方がいれば、会場の前の方に行って、
「お―っ、この靴かよ」というのも、ひとつのライブの楽しみ方じゃないかと
思うので見に来て欲しいなと話していました。
もちろん、前に押し付けるのは駄目ですよと付け足していました。
あれは……ホントによくないですよ、ええ
また、足元が悪かったりすることもあるので・・と最後までスニーカー押しの
阿佐さんでした



今日は久しぶりに、君の声をオンエア


阿佐「アンダーグラフ ギター・阿佐亮介でした。来週もこの時間にお会いしましょう」




【2009/12/20 12:33】 | ラジオ
トラックバック(0) |
本当ならば12/6はドラム谷口さんの誕生日でもあり、同じく静岡ライブの日なので
楽屋で収録、する予定でしたが、ボーカル真戸原さんの急性気管支炎により
延期となりました

阿佐「皆さんからの暖かいコメントだったりとかね、メールだったりで
真戸原は元気に拍車がかかっている状態です。
まだね、ツアーが残っているので、アンダーグラフ一丸となってですね、
なるべく病気に負けずに、乗りきりたいなと思っておる次第でございます。
メールやコメント頂いた方、どうもありがとうございます」



ここで発表事一つ
おんなじキモチの話を。配信サイトはホームページにて。
阿佐さん曰く、いつもとは違うようでやっぱりほんわかあったかい
アンダーグラフらしい一曲。
またこういうことに参加出来たことは嬉しいとコメントしていました。
チャリティの模様はインターネットにてご覧下さいとも。



最近いろんなライブを見に行ってもいる話に。
ライブ終りに喋らせてもらいに行く事があるそうですが、そのときに
「よかったよ!」だけですむのはなんか物足りないと阿佐さん。
自分をうまいとは思っていないけど、お互いを高めあいたく、凄くよかったことに
変わりはないけど、こうしたらいいとかこうしたらもっとギタリストっぽいとか、
そんなことも思うそうです。

阿佐「僕の中で大事にしている言葉がありましてね、
『ギタリストたるもの世界一セクシーな職場であれ』とある方に教えていただいて、
凄い大事やなと」

ただエロければいいという話ではなくいろんな意味があって、ひとつの音や
パフォーマンスとかそういうところに男としてのセクシーさが大事なんだと。
ただ、言葉は簡単でも実践するのは難しく、日々勉強中だそうで、

阿佐「これから、バンドを始めようかなって思っているギターキッズ、の子たち。
ホントにね、演奏することは楽しいし、自分では到底追い付けないような
技術だったりとか、パフォーマンスとかだったりとかでてくるんですけど、
それ以上にね、自分しか持ってない何か、それをどんどん研ぎ澄ましていってですね、
人を魅了していってく。それが2人、3人、4人集まってくるとバンドの強さに
なってきて・・ソロでやるなら個人の力になってきて、それが人を魅了していく
わけですよ」

デビューして5年経ちますが、どんどん自分に足りないとこや、まわりに言われることで
気付く自分の一面があったりして、

阿佐「まだまだ、音楽も捨てたもんじゃないなと、そう思う次第でございます」




今日は新曲おんなじキモチをオンエア


阿佐「アンダーグラフ ギター・阿佐亮介でした。来週もこの時間にお会いしましょう」




【2009/12/20 12:25】 | ラジオ
トラックバック(0) |
本日はゲストの拍手のなか札幌のからお届け

阿佐「あたたかい皆さんに迎えられ、無事ライブを終了いたしました。
ありがとうございます。今日のゲストはですね、ボーカル真戸原直人さん」
真戸原「イェイ」
阿佐「キーボード吉田とおるさん」
とおる「イェイ!」
阿佐「ドラム谷口奈穂子さん」
谷口「いぇ―い!」
阿佐「………です。この4人がですね、・・はは(笑)中原一真さん!」
中原「イェイ!」
阿佐「をゲストにですね、今日もお届けしたい思ってるんですが、
真戸原直人がですね、シャンパン(お祝いの品のよう)が目の前にあってですね、
ちょっと開けるきでいるのかな」
谷口「(開けようとする音)怖い!怖い怖い怖い!!」
阿佐「レディ―…レディ―ゴッ!!」
(………………ポッ!!!)
阿佐「ぅお―い!!」
真戸原「フゥー!」
一同「フゥー!」

阿佐さんはお酒が飲めないため、においで楽しむという事でゲスト達による乾杯

阿佐「じゃ、真戸原直人さんの乾杯の音頭を」
真戸原「…フランスの、シャンパンですね、ビラモンテール…ビラモンテール!!!」
一同「ビラモンテール!!!」

ゲスト達のざわめきのなか阿佐さんのトーク。
北海道は11ヶ月振りのライブだったので、次来るときはイベントなんかで出たいと思うので
スタッフのケツを叩いてですね(いや、蹴りあげないと駄目だと思いますよ、阿佐さん)また北海道に
(11ヶ月空けずに)行こうと……乾杯をしたらですね、また自由に(笑)」

ライブ後はボーリストは喉を痛めたらダメだという事であんまり喋らないらしく、

?「(超高音)声を高めに、喋って喉に負担をかけないようにね」
真戸原「(喋ってるの)とおるさんや」
一同「あははは(笑)」

ライブの方はちょっとずつ一つの形が見えて来ているそう(今までが悪いって意味
ではなく)。
10周年のライブがどんどん色付いていってると阿佐さん。
……そんな真面目な話をしている後ろでふざけ出すゲスト(笑)



ここで、そんなゲストに質問
阿佐「どうですか谷口さん、札幌のほうは」
谷口「札幌にいる間に、スープカレーを食べたいなぁと、思っておりまぁ~す
…はは(笑)」
阿佐「中原さん、今後のご予定は?」
中原「北海道に来てまだ魚を食べていないので、お寿司を食べたいと思いまーす」
阿佐「精魂つき果てた感じあるの真戸原さんですけども、今週のご予定は」
真戸原「今週はね―(笑いだす一同)、このあとすぐに金沢に行って、
新潟に行きまして、帰ってきて、(?)の続きをやりまして、来週ぐらいにには
金沢に行きまして。静岡もあります」
阿佐「とおるさんは?」
とおる「ちょっと休みます」
谷口「(笑)、阿佐くん何するん?」
阿佐「何―、しようかな・・」
中原?「車の掃除」
阿佐「(笑)、タイヤも変えたしね」

全国回れる事は大変でもあり、楽しくもあると話している途中で
マネージャー入室(笑)

ここでツアーグッツの紹介
一通り説明し終わった頃、

とおる「阿佐さんいいですか?真戸原さん出来上がり(笑)」
一同「ははははは(笑)」
阿佐「はやいわっ!(笑)」

皆が酔っているなか素でラジオをする阿佐さんという奇妙な現場に

グッズの話に戻り、谷口さんからのアピール。
カレンダーはメンバーそれぞれが自分が生まれた月に使う写真を自分で撮った
らしい。テーマは「自分の楽器の好きなところ」。楽しみにみてもらったらと
谷口さん。



阿佐「ツアー期間中はライブ終わった時に皆の赤ら顔のもとにですね、
こういう会話をぐだぐだですけども皆に聞いてもらおうかなと。
そう思っている次第でございます。
じゃあ、時間も時間なので、このへんでしめたいたと」
真戸原「すごい番組」
一同「(笑)」



今日はメンバーからのリクエストでアルバムのリード曲、
僕に何が出来るか考えてるをオンエア

阿佐「アンダーグラフ ギター・阿佐亮介でした。来週もこの時間にお会いしましょう」




【2009/12/20 12:18】 | ラジオ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。