ライブレポとラジオレポとあと雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月ですね。もう寒くてセーターを愛用しています。


二週間くらい前、アンダーグラフの公式ホームページを開いてみたら、いきなりウイルスに感染
それ以来、怖くて見ていなかったので、びっくりしました。

まさかカラオケにコメントが配信されているなんて。

友達とカラオケにいって、何歌おうかなーなんて話していたらいきなりあらわれた4人組。
あまりの不意打ちに何を言っていたか覚えてません(笑)

しかも、もうすでに『Sekai-no-Kibou』が配信されていたからさらにびっくり。
聴きたかったけれどもそこはぐっと我慢して、ツアーまで楽しみにしておくことにしました。



さて、以前行ってきたミューパラ秋のお出かけアーティストレビュースペシャルのレポできました
トークは放送されたし、まさかそんなにカットするとは思っていなかったので油断してメモを取っておらず、かなりあいまいだったので、ライブ中心のレポートとなっています。
かなり偏っていますが、気になった方は追記をどうぞ
パーソナリティーでのオープニングトークの後に出てきたのはトップバッター、タイナカサチさん
トークのほうは放送でもわかるように一番盛り上がって面白かったと思います。さっくん(男性パーソナリティ)が(笑)
タイナカさんも椅子から立ち上がってしゃべったりと、話面白い方やなあと思ったんですが、さっくんはそれ以上になんか変なテンションで面白かったです

ライブではキーボード弾き語りで、『最高の片思い』『もうキスされちゃった』『愛しい人へ』の三曲。
どれもはじめて聴いたのですが、、『最高の片思い』の出だしの声の高さと綺麗さに圧倒されました!めっちゃきれい
ピアノ弾き語りのライブは初めてだったんですが、よかったです。素敵



続いては自称「むかつくくらいの雨女(MCより)の星村麻衣さん
ライブではストリングスさんといっしょに『桜日和』『ひかり』含む4曲。ちなみに4曲やったのは星村さんだけ。なんでやろ?
星村さんは歌声とストリングスと弾き語りのキーボードのハーモニーが素敵でした
『ひかり』は今日初めてフルで聴いたんですが、歌詞がええなあと思いながら聴いていました。



最後に4人そろっての出演は初めてのアンダーグラフ
マイクで同じポーズをとりながらあいさつののちトーク。

そしてライブ準備中、なにやらこそこそと打ち合わせをする4人。谷口さんはギター弾く真似をしながら中原さんに何事か言ってました。
そして準備が終わりライブ開始!
真戸原さんがジャカジャカとアコギを引き出し、阿佐さんが手拍子。自然と会場に拍手がひろがり、1曲目『ハイスピードカルチャー』。聴きたかっただけに嬉しかったです
ギターソロのあのアコギ・・・・エレキもいいけどアコギのあの独特の音が素敵そしてときどきにかっと笑う阿佐さんも素敵
ドラムが知っさい箱型の打楽器に変わってしまった谷口さんは両隣の中原さんや真戸原さんと時々アイコンタクトしてました。
たぶん、この曲で原曲にはないコーラスがあったような気がするんですけど、めっちゃ綺麗でした。
そして中原さんのギターソロもあったような気がするんですけど、もう、良すぎる。中原さんかっこよかったなあ


MCでは、

真戸原「阿佐の思いつきで手拍子をやろうってことになったんやけど、すぐにみんな乗ってくれて、大阪ええな~」

と嬉しそうに話してました。そっか、さっきの打ち合わせはこれやったんやなあ。阿佐さんがやけに嬉しそうに演奏していたのは、だからなんでしょうか。

真戸原「30代になって大人になろうと思ったけど、やめました。楽しい事を楽しもうってね」

って話や、キャンぺーンで全国回ってたからメンバーと会うのは久しぶりで、演奏するのも久しぶりだったけど、やっぱええよなあみたいな話もしてました。


2曲目は『ユビサキから世界を』。
1曲目とはうってかわって落ち着いた雰囲気あの曲の空気感、好きやなあと再確認したりしてました。きれいで優しい演奏やったと思います


曲が終わったあと、

お客さん1「明日ライブ(三都物語 大阪)行くよー!」

お客さん2「明後日(三都物語 神戸)行くよー!」

真戸原「俺もどっちも行くよー!」

って言ってたのが面白かったです

真戸原「次が最後なんやけど(会場「えー!!」)・・・いろいろあるねんて。今日もイコカみたいなんつかってここ入りましたからね」

と、ABCホールのセキュリティの厳しさに触れたあと、4人では初の(しかもアコースティック)『ジャパニーズ ロック ファイター』

もちろん、アコースティクなんでだいぶCDと雰囲気が違うのですが、これがまた良かったです
スタッフダイアリーでもちょっと触れていたコーラスは、谷口さんの高い澄んだ声と阿佐さんの低い歌声のハーモニーが最高でした
中原さんはコーラスしてないかったようですが、椅子が回転するものだったらしく、体で左右にリズムをとりながら楽しそうに弾いていました。
真戸原さんはというと、ラスサビ前の部分はCDよりもストレートに、最後は「イエーイ」みたいなことを、かと思えば時々深みのある低い声で歌ったり・・・・凄いよなあ

そしてライブ終了。
時間は大して変わらないはずなのに、3組の中で一番はやくて、一番終わるのが寂しかったです。



新たに素敵なミュージシャンを知った今回のイベント。また出てくれたらええなあ


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2008/10/10 17:38】 | ライブ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。