ライブレポとラジオレポとあと雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新学期が始まってからいろいろと忙しく、まったく更新できませんでした
次に書けるのはいつになるかわかりませんが、とりあえずこの前行ったライブのレポート(一部)を書いておきます。
でも、セットリストは大体覚えられましたが、他はかなり曖昧ですMCも「こんなこと言ってたような・・・」、タイミングも大体このへん・・・というかんじで間違ってるところが多々あると思います。

では読みたい方は続きからどうぞ
今回はオールスタンディングではなく、会場に椅子が会場に並べられていました。
阿佐さん側の席に座って待っていると、照明がだんだん消えていって、ハイスピードカルチャーのはじめのあのネジを巻く音と秒針の音が会場に響きだしました。そして、暗闇の中メンバー登場
SE(?)で会場を盛り上げるメンバー。真戸原さんは登場すると「楽園へようこそ!」と会場に向かって言っていました。そして阿佐さんがオーダーメイドの新しいテレキャスターでタイムリープのイントロを搔き鳴らしてライブスタート!!

もう、最初からひきこまれました。
何でなのかわからないけれども、涙ぐんできて、何度かうるっと来た瞬間がありました。ギターソロ聞いただけで涙ぐんできましたもん。
そして春前の灯火、パーソナルワールド、9、五色の虹とアップテンポの曲が続きました。

9の時だったと思うのですが、急に阿佐さんが手をだらんと下げて空中を見つめていて。どないしたんやろ?と思ってしばらく見ていると、ほえたあと(真似?)思いっきりギターを搔き鳴らしだしました。もう・・めっちゃかっこよかったです
はじめからメンバーもお客さんも結構盛り上がって、五色の虹あたりから汗がにじんできました
でも、ふとみると真戸原さんもうっすらと汗が。
そんな真戸原さんは五色の虹の手拍子のときに楽しそうに笑顔で会場に耳を傾けるポーズをしていました
前より近くから見たからなのかもしれませんが、今回は真戸原さんをはじめとしてかなりメンバーの笑顔が多かったような気がします楽しそうだったのが印象的です。


このあたりで一回目のMC。

真戸原「今回のセットリストは自分たちで組んだんですけど、すでに(自分らが)バテてきました(笑)みんなついてかれんかもと思ってたけれど、そんなことなかったなぁ!みんな凄いわ!」

と、大阪最高!といったかんじでかなり楽しそうでした
そして話題はアコギの話に

真戸原「このアコギなんですが、作られたのが1968年でして。今年で・・40年ですね」

と少し説明をしてくれたあと、「青春の一曲です」の曲紹介のあと君の住む街へを演奏してくれました。
アップな曲も好きですが、こういうゆったりと聞く曲もよかったです

そして演奏後、

中原「(手を挙げて)しゃべりまーす(会場「(笑)」)」

と中原さんのMC。「座ってください」の冗談の後、真戸原さんが買ってきたという誕生日の本を片手に自分と真戸原さんと谷口さんと同じ誕生日の有名人を「MCがこんなんでええんかな?」と言いつつ紹介。
真戸原さんはボクシング・タレントの渡嘉敷勝男さんと同じ誕生日だそうですが、お客さんが渡嘉敷さんを知らなくて驚いていました。
ちなみに私はビートたけしさんの某番組で名前は知っていました。顔は・・・うまく思い出せないです
また、谷口さんはキダ・タローさんと同じだそうで、とおるさんがさりげなくキダ・タローの曲(例のカニ料理のこと歌ってる曲?)を弾いて。谷口さんもちょっと叩いてました(笑)
おもろいなぁ、とおるさん(笑)

話題は変わって9の話に。

中原「さっきやった9なんですが、阪神タイガースの葛城選手のテーマソングになりまして・・・」
真戸原「そうそう」

なんでも、真戸原さんと葛城選手は交流があるらしく、テーマソングとして使われるとことになったそう。実際に甲子園球場で葛城選手が打席に立つとき9が流れてます!

中原「では・・・亮ちゃんに注目!」

から阿佐さん発進のアンブレラ聞けると思っていなかったのでかなり嬉しかったです
この曲はもう、ギターソロ前のとおるさんのキーポードがきれいできれいで
ほんとに素敵でした。

そして笑顔と照明が緑だったまた帰るからの後に再びMC。
なのですが、

真戸原「今回は中原と相談してMC少なめにしようと決めたんですが・・・何しゃべろ?もうここぐらいしかないからなぁ・・・・」

とちょっと困っていました。そんな時、会場のお客さんがなにやらあったかい声かけをしたらしく(遠くて聞き取れなかったです)、真戸原さん感動してちょっと目頭を押さえていました。

真戸原「・・・あ、そうだ、この前オーストラリアに(ハグするジェスチャーをしつつ)フリーハグスをしにいったんです。なんでもなんでも梅田でもやっているそうなんですが。それで、旅してる間、髭を剃らないでおこうって決めまして、今もはやしてるんですが・・・髭男爵にあこがれてね(笑)そしたら中原が驚いてくれましたね。っていっても、『あ、髭や』ってなくらいだったんですけど(笑)」

とフリーハグスと髭の話をしてくれました。

真戸原「ローディーのモチヅキに君マイクの電流(?)が髭から漏電して痛くなることがあるって聞いたんですけど、リハーサルのときずっと痛くって。スタッフの方がいろいろやってくださったんですがなおらなくて。それでよく見てみたら自分の髭が刺さってました(笑)」

とリハーサル裏話もありました。
他にも、

真戸原「阿佐に男の髭のはやし方(?)を聞いたりね」
阿佐「・・・言いましたっけ?」
真戸原「あれ?俺、嘘はいってる?!」

と髭トークが一段落したところでちょっと曲の説明をしてからユビサキから世界をの演奏。
次のセカンドファンタジーはCDよりもキーが低いような気がしました。ライブだからなんかなぁ。気のせい?ここのキーボードも素敵でした
その後は再びアップテンポな曲が続き飛ばしまくりの後半6曲
ハイスピードカルチャーのサビのコーラスは阿佐さん、谷口さん、そして中原さんの3人で歌ってました。中原さんが歌ってる!とちょっとびっくり。
アカルキミライでは、前回のツアーでは谷口さんの歌が聞こえないというアクシデントがありましたが、今回はちゃんと聞こえましたうれしーっ
そしてコール&レスポンスでは阿佐さんがしゃがみこんで最前列のお客さんの歌声に耳を傾けていました。ええなぁー最前列の人・・・うらやましいなぁ
そして枯れたサイレンでは中原さんのコーラスが!かなりびっくりしました。再び奇跡の瞬間(笑)を見れました
そしてこの後だったと思いますが・・・阿佐さんが曲が終わったあと「タララタララ」というようなメロディーを結構はやめのテンポで弾きだして。かっこよかったです
弾き終わりのときに阿佐さんが中原さんに振り、中原さんも弾きだす!終わりに中原さんがとおるさんに振ったときにはなぜか会場から笑いがその間真戸原さんはギターをはずしてドラムが乗っている台に腰掛けてその様子を眺めていました。
ギターといえば、ライブの序盤、真戸原さんが黒のテレキャスターを使ってました。見たこと無かったのでちょっとびっくり。
次の楽園エステとピース・アンテナはかなりの盛り上がり!
運転の真似は定番になったんかな。今回は結構真戸原さん結構倒れてたなぁ。

真戸原「最後一曲いけるか?パラダイム!」

パラダイムと言えば、よく阿佐さんが曲の一部を無理矢理歌わされているので今回もかなぁと思っていると、ギターソロで前に出てきた阿佐さん。
あれ?と思って真戸原さんを見てみると中原さんをぐいぐい前に押しだしたあと(ちょっと照れ笑いの中原さん)向かったのはステージの後ろ。
なんと今回は谷口さんが歌ってくれました!めっちゃ声が高い!そしてきれい
素敵なサプライズでした
その後メンバー退場。前回はアンコールのときにツバサを歌ったのですが、今回は普通のアンコール。だんだん間隔がはやくなって、テンションが上がってきた頃に再びメンバー登場でアンコールスタート!!


アンコール編はまた後日に書きます。
どの場面かわからないところもアンコール編と一緒に書きますね


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2008/04/29 18:15】 | ライブ
トラックバック(0) |
昨日はカテゴリを間違えてしまいました(ホントは日記)
しかも何故かなおせないし・・まだまだ使いこなすのには時間がかかりそうです


予想通り今日は中原さん
どんな報告になるのか楽しみです
そして、カメラ9台で撮った映像が何に使われるか、かなり気になります。
ライブDVDになったらええなー



話は変わって、
先日のライブに行ったとき、入り口でチラシの入った袋を貰いました。
中にはアンダーグラフ関係のチラシはもちろん、そのほかのアーティストのライブ情報などのチラシ、そしてライブのアンケート用紙が入っているんです。
私は文章を書くのが遅いので(そして字をよく間違える)家で書いてFAXで送ったのですが、一緒に行った親は書かなかったんです。
なので家には白紙のアンケート用紙があったのですが、この前妹がその一枚に突っ込みどころありすぎでウケ狙いなのが見え見えな落書きをしていました。
さりげなくシングルやアルバムのタイトルが「ユビサキから世界のナベアツを」とか「花やしき日常」などと書き換えられていたり、文章がぶりっ子になってたり。(実際はぶりっこではないです)
なかでも私が一番ツボだったのは、

*本日の公演は何で知りましたか?
 
A.テレパシー

・・・・・・・・・・テレパシー?!



テレパシー・・・送ったのは中原さん?(笑)

ちなみに妹はまだアンダーグラフどころか音楽にも興味が無いようです。

【2008/04/13 16:54】 | 日記
トラックバック(0) |
8日から新学期が始まりました
クラスにもだんだん慣れてきて、出だしはいい感じです
そして早速昨日から授業が始まったわけなんですが、英語の先生がおもろい!
なだぎ武に似てる先生なんですが、おしゃべりで結構おもしろいんです。
他の教科の先生も楽しみ


明日はアンダーグラフのツアー東京の日ですね
明日のMatohalanguageを書くのはやっぱりあの人なんでしょうか

【2008/04/12 14:14】 | 日記
トラックバック(0) |


なお

あのかわいい人‥‥
ですよねっ(^^)



なお

きゃーっ
勘違いしてました(゜_゜)!!
わけわからんコメントで
すみません(;_;)!!!!


ゆきこ
いえいえ、そんなに気にしなくても大丈夫ですよi-179勘違いなんて誰にでもあるんですから。
私なんてしょっちゅうですよ(笑)
この前、それで見たいドラマ見逃してしまいましたしi-229


コメントを閉じる▲
春休み最終日。
はやいなー・・もうちょっと休みたい
クラスのメンバーが・・・な感じだったのであんまり気が進まなかったりしますが、
初日が大事らしいからなんとか話しかけるようにがんばってみます。
まずは近くの席から

今日はお昼ご飯のあと「ごきげんよう」をみてました。
ゲストにやなわらばーがでてたんです
曲を聞いてて気になってたんですけど、お二人のことはよく知らなかったりします
今のところ、いろんな番組で見た(ラジオで聞いた)印象派は、ほわほわした優しそうな雰囲気の人
でも優さんのほうはずばずば言うとこがありそうだと思ってます(笑)

トークはというと、梨生さんの自転車の話はびっくりしたけど面白かったです。
でも一番笑ったのは宮川大輔さんの変な先生の話だったりします
あの黒板書くときのポーズが・・・あかんわ、あんな先生おったら絶対笑ってまう(笑)

・・・・・ところで、やなわらばーの2人ってファンの人からなんて呼ばれてるんでしょう?
なんとなく名前で書いてみたけど、苗字で呼んでる人のほうが多いんかなー?

【2008/04/07 18:21】 | 音楽
トラックバック(0) |
行ってきました「呼吸する楽園」
まだツアー中なので詳しいことは書きませんが、取り合えず簡単な感想を

真戸原さんや谷口さんが予告していた通り、全開でかなり熱い頭から飛ばしまくりのライブでした!
準備運動をちゃんとしていないと息切れたり次の朝筋肉痛になるくらいに(笑)
でも他のお客さんも頭から手拍子したり跳ねたり(私は足が痛くてあんまり跳ねられませんでした・・)と盛り上がって凄い楽しかったです
今夜の名古屋も熱いライブになりそう

逐一報告楽しみやなぁ。

【2008/04/04 17:13】 | ライブ
トラックバック(0) |


なお
はじめまして(^ω^)
書き込みありがとう
ございます(´`)★

昨日のライブ
参戦したんですね!
あたしも
行きましたよー♪:)

更新頑張るんで
また来てください
ねー(´_`)★



ゆきこ
はじめまして!こちらこそ書きこみありがとうございますi-228

なおさんも大阪参戦してたんですねー。
かなり熱いライブでしたね。
ツアー終わりにくわしいレポ書くのでよかったら読んでくださいi-236

では、またHPのうほうに行きますね。

コメントを閉じる▲
特にうそをつくこともなくエイプリルフールを過ごしました。ゆきこです。

ライブやライブ!と、さっきまで忘れていたんですが、同じ日に学校のクラス発表があるんです。
仲の良かった子や長い付き合いの友達なんかはみんな私と違う学校へ進学したしたんで、まわりは知らない人ばっかり(同じ学校だった人もいますが少ないんです)。
だからどんなクラスでもいいやと思うんですが、気の合う子がいればいいなぁ

ライブが明日に迫り、なんだか手の甲が痺れてきました
緊張するとよくそうなるんですが・・・緊張してるんかな?
それともクラス発表に?


さて、今日は昨日の続きのライブ編を書きたいと思います
また長くなると思うので、読みたい方だけどうぞ。
また、昨日の日記を読んでなくても別に大丈夫だと思いますが、気になる方はそちらのほうも読んでみてください物凄く長いですけど




私の右斜め辺りにいた人たちが手拍子に合わせてツバサのサビをエンドレスで歌いだしました。
でも、遠くのお客さんたちとなかなか手拍子が合わずに苦労されていました
なんとか合ってきたかなーと思っていた頃にメンバー再登場
阿佐さんは登場するなり白いタオルを会場に投げていました。
もうすこし左にいたらなぁ・・
そんな阿佐さんはツアーTシャツに着替えてました(中原さんも同じもの)。
真戸原さん、谷口さんは車(パルサー?)がプリントされたグッツTシャツ。
とおるさんもそうだったとおもいます。あんまり覚えていないんですが

ここでメンバー紹介

とおるさんはわざと後ろを向いて両手を振っていました。とおるさんおもろいなぁ(笑)

谷口さんは、

谷口「なんかとおるさんが面白いことしろって目で見てくるー(笑)」

その後もしばらく視線は続き、

谷口「・・・・・・にゃー!」

猫ひろしの物まねをしてくれました。めっちゃかわいいー
会場からも「かわいいー」の声が。

谷口「昨日はわなかを食べました。(会場から何それ?という反応)知らんの?わなか。大阪やのにー。」

と、わなかというたこ焼き屋さんの場所を教えてくれました。
最後は真戸原さんに

真戸原「アンダーグラフの食いしんぼう、谷口でしたー!」

見たいな事を言われてたかな。

続いて中原さん。

中原「ベースはピックを使わないんで、投げるものなくて寂しいんですけど、(会場から「眼鏡投げて!」の声)・・・まぁ、大阪やのに、なんやケチやなぁと思われるのもなんなんで(会場「おお!投げるん?!」)・・飴ちゃんを持ってきました!」

といって飴ちゃんを投げる・・・いや、撒く中原さん
お客さんの顔にポールを当ててしまったことをまだ気にしているのか、近くにぱらぱらって撒くようなかんじで投げていました。

そして阿佐さん。

阿佐「さっきのまた帰るからのギターソロちょっと違うかったでしょ?あれ大阪だけですよ。一番最初にできた時はこっちのソロだったんです。」
真戸原「ちょっと、どんなんやったか弾いてみてよ。」

パチパチと足元の機材を操作した後弾いてくれたのですが・・・

真戸原「・・・あれ、これやった?」
阿佐「初歩・・・みたいな?(笑)」

というように、なんだかさっき聞いたのと違うような・・・と思いました。
たしかに、ギターの教本なんかに載ってそう。
でも、

阿佐「アンダーグラフみんなでやるとちゃんと聞こえるんですよ。」

の言葉通り、全員で演奏するといいかんじなんです
最後は、

真戸原「最高のギタリストです!」

みたいな事を真戸原さんが言ってジャカジャカって弾いてくれました。
ちなみに、中原さんはなんていわれていたか覚えてませんごめんなさい中原さん
真戸原さんは自分で名前を言っただけだったかな・・・こっちも記憶が曖昧

曲のほうでは新曲フリージアを演奏してくれました。実は今回のツアーの中で一番メロディーを覚えているのはこの曲だったりします。同じようなフレーズを繰り返していたから耳に残ったんかなぁ。
曲調は言葉っぽいなぁと思いました。結構好きな曲調です
ツバサでは会場全体で大合唱私も歌ったんですけど、耳がおっきい音で変になっていて自分の声がわからん
でも、やってみたかったのでかなり嬉しかったです

真戸原「最後ー!忘却のー、末ー、海へー、還るー!!」

この曲も聞きたかった曲のひとつだったんですが(いや、聞きたくない曲なんて無いですが)、やっぱり寂しかったなー・・・。
でも、サビの一部をちょっと下げて歌っていたのも素敵でしたし、この曲だったと思うんですが、阿佐さんが中原さんの近くにいって笑顔でなにかしゃべりながら(そんな風に見えたんです)弾いていたりと、メンバーもお客さんも楽しめたと思います。

そしてメンバー退場。ライブの余韻を味わいつつ、帰ろうかと思ったとたん、再びアンコールの手拍子が!
そして再び会場全体でアンコール。
「もう無理かなぁ、二回目・・・でできてほしーなぁ・・・」と思いながら手拍子をしていたとき、最初に出てきてくれたのは阿佐さんでした。

真戸原「ホンマニありがとう。二回も呼んでくれるのなんて大阪だけやで。」

そしてステージに戻ってきた真戸原さんは、

真戸原「本当は楽しいまんま終わりたかったんやけど・・・。」

と、言ってユビサキから世界をリリースした後の精神的にぼろぼろになっていた時期の話しをしてくれました。

真戸原「ご飯も食べれんようになって、寝られんようになって・・・・・受験生にみたいに焦ってギターを弾いて、それでも(曲が)できなくて。でもやっぱり最後は曲を書くことをしていました。」

そのほかにも、

真戸原「去年のツアー('06 Tour 日常への旅)の時、もうあかんかも、これが最後になるかもってところまできてたんやけど、それが(お客さんに)言えなくて苦しかった。」

とも話していました。
それを聞くと、もしかしたら今日、ここでライブができなかったかもしれないんだ・・・アンダーグラフが解散してたかもしれなかったんだと思いました。
そのツアーには行ってないけれど、行った方のレポートをよむかぎりじゃ、そんな様子はなかったのにと、なんだかちょっと怖くなりました。
でも、

真戸原「あと5年、10年は音楽しようってよく言うけど、そうじゃなくて、明日メンバーでスタジオに集まって音楽しよかってのを5年、10年続けたいと思います。」

と話してくれたので、今は大丈夫になったのかなぁと思いました。
昔よりもまだ痩せてるような気がするけれど、その時のMCで言った

真戸原「みんなが思っているよりも僕ら幸せなんで。」

と言う言葉を信じてみようかな。
『話せるようになった=完全に立ち直れた』って思っていいんかなと思いました。

そのあとに、自分が救われたようにみんなもこの曲で救われますようにと曲紹介をして演奏したのはセカンドファンタジー。
歌いだしを聞いたとたん、なんだか涙が出そうになりました。
こころにきました。
終わった後に「ええ曲やったなぁ・・・」という余韻が胸に残りました。
真戸原さんもそうだったけれど、コーラスの阿佐さんも伝えたい、届けたいというように歌っていたなぁ


そして今度こそ帰っていったアンダーグラフ。
谷口さんは最後の挨拶の後お客さんにぬいぐるみらしきものを投げ渡されていました。
今回初ライブだったので、慣れないことばかりで体は疲れてしまったけれど、後から楽しいライブだったって振り返れるし、この日、このライブに行くことができて本当にしあわせだったとおもいます。

幸せな時間をありがとうございました





最後まで読んでくださった方、ありがとうございました


追記を閉じる▲

【2008/04/02 17:50】 | ライブ
トラックバック(0) |
絵文字を覚えたゆきこです。

明後日はアンダーグラフのライブツアーの大阪公演です
大阪公演に行くのですが、今から楽しみで楽しみで
なので、中原さんが日記で書かれていたように、リハーサルとして去年のツアーのレポートを2日に分けて書いてみようかなと思います。

かなり長いので、読みたい方だけどうぞ。

・・あ、今日はエイプリールフールですけど、今書いたことも今から書くこともホントですからね





会場に入り、真戸原さんと阿佐さんの間(真戸原さんより)でドリンクを飲みつつ開演を待っていました。ステージが真っ暗でよく見えなかったため、楽器のチェックをしに来たスタッフらしき人物を「えっ?メンバー?!」と間違えて会場がざわついたりしつつ、しばらく待つとBGMが小さくなり、

「今日は、アンダーグラフのlive tour'07 Vol.1にお越し頂き、ありがとうございます。中原です!」

と中原さんのカゲアナ(開演前に注意事項などを伝えるアナウンス)が!
アナウンスの内容は、

・六甲おろしの大合唱禁止
・携帯電話の電源を切っていたことで後で彼氏、彼女となんかあったらごめんなさい。でもきって下さい。
・ちちんぷいぷいを見に帰らないで下さい。(ぷいぷいの放送時間は2:00~17:50・・中原さんもう終わってますよ笑)

そのほかに、

中原「グッツ販売をしているんですが、今回のデザインはですね、ハイヒールのりんご姉さんがしてくれました。(会場から「えっ?ホント?!」という反応)・・・・・うそです!」

と、開演前から笑いを取る中原さん。
その後、「もうしばらくお待ちください」の後に再びBGM(恐らく「MTV Diary:アンダーグラフ in UK」 でTHE BULL & GATEライブ終了後に流れていた曲。MTVのHPで見れます。)が流れ出し、さらに待つこと数分。開演時間を少し過ぎてメンバー+とおるさんがステージに登場


まず一番最初に思ったことは、阿佐さんが・・・阿佐さんがなんかワイルド!
表現が正しいかわからないですけど、長めの金髪ストレートで前髪を真ん中わけにして、テンガロンハットみたいな帽子に黒のサングラスだったんでついそんなふうに思ってしまいました
ちょいワル目指してるとかナイスミドルになるみたいなこと言ってたらしいけど、だからなんかなぁなんて思ったりしてました。
他の4人はと言うと、中原さん、とおるさんは黒の襟のついたシャツ、真戸原さんは黒のワイシャツの袖をまくって胸のボタンを第二ぐらいまで空けた格好のようでした。
谷口さんはというと・・・・真戸原さんの影になって見えない
ちょっと後悔・・でも、ライブはすんごいよかったので満足してます
真戸原さんの「ただいま!」の後、パーソナルワールドでスタート!
初めてなまでアンダーグラフを見たのでしばらくは目の前にいることが信じられないという感覚におそわれて乗り遅れてしまいました・・

そんな不思議なまんまですごした前半一時間。

枯れたサイレンではサビの直前の歌詞を「踊れ踊れ」と歌ってお客さんをあおる真戸原さん。
また、メロディの一部をちょっとかえて歌っていました。(ちなみに白い雨もです)
アンブレラではキーボードが素敵やなぁと思いました。
よく見るととおるさんもノリノリで踊ったりなんかしてました
あと、2ndの君の日、二月、帰り道のライブ音源のはじめに流れていたあのメロディ(SEっていうんですしょうか?)が流れたので「もしや!」とおもったらまさかのイーゼルだったり
ユビサキから世界をは確かサビを歌ってからイントロっていう流れだったかな。

慣れていないんで照明に目が眩んだり耳が変になったりしたんですが、逆光でメンバーのシルエットが浮かび上がったときは凄くかっこよかったです


前半一時間のMCはこんな感じ。

ひとつはLead-off Hitter主催のライブに参加するお知らせ。

もうひとつは野球の話。甲子園にお忍びで(でもそんなに忍んでいなかったとか笑)行って、今まで自分が自分が一番の阪神ファンだと思っていたら、実はお姉さんが一番だと実感した話をしてました。
審判の判定に「えー、ちゃうやろー!」と言ったり、かなり熱かったそうです笑。

真戸原「阪神の話なんか大阪でしかできへんでしょう?同じ話を名古屋でしたら、シーン・・ってしたし。」

と、あまりの熱さに

阿佐「もーええわ!」

と突込みが入るほど熱い阪神トークを繰り広げていました
他にも、小さい頃に阪神応援グッツに身を包んで(完全装備といっても過言ではないくらい)グローブまで持っていって観戦した思い出も話してくれました。

また、前半の曲が終わったあと、会場から「中原君かっこいいー!」「阿佐君かっこいい!」すこし間が空いて「真戸原くんいちばんかっこいい!」というのを聞いた後、

真戸原「では、一番最初にかっこいいって言われたアンダーグラフの中でホントにかっこいい中原にしゃべってもらいましょうか」

と中原さんへのフリ。

中原「彼は僕に何を求めてるんでしょう」

とちょっと困りつつ話し出した中原さん。
話している途中で、小さい子の「パパー、パパー」という声が会場に響いて真戸原さんが

真戸原「パパはここやでー」

という冗談を言ったんですが、お客さんに勘違いされてしまって、

真戸原「うそうそ!中原には5人くらい隠し子がいますけどね・・・・・うそ!」

と水を飲むのをやめてあわてて訂正してました。
そんなこともありながら、その後

中原「こっからまたアップテンポになるのでのってなぁ」

と、中原さんが話をしめて五色の虹で後半スタート!


このころになると最初の不思議な感覚もなくなり、ノッってきました。遅いですけども
五色の虹の手拍子のところではとおるさんも前に出てきて手拍子していました。
もう楽しくて楽しくてしょうがなかったです
次のアカルキミライは楽しみにしていたのさらにテンションあがりました
でも・・・でも谷口さんの声が聞こえない場所が悪かったんでしょうか?コーラスは聞こえたのになぁ。
会場全体歌うのができて感激でした
その次はピース・アンテナかなぁと思っていたら聞き覚えのないイントロが・・!

真戸原「新曲です!楽園エステ!」

と、このときはまだ未発表だった楽園エステをやってくれました。
イントロはピース・アンテナと似た雰囲気やなぁと思いました。(こっちのほうが明るい感じがするんですけども)サビの最後を真戸原さんが天井を見上げながら歌っていたのが印象的です。かっこよかったなぁ阿佐さんもかなり弾けてましたよ
ピース・アンテナでは会場全体でピース
この時、気のせいか床が揺れていたような。ちょっとびっくりしたけれど、そんだけ盛り上がったってことです二番のはじめでは車を運転するまねをしていました。これが定番になりつつあるのかなぁ。
ギターなしで右へ左へ行ったり来たりしながら歌っていました。

真戸原「最後!パラダイム!」

の言葉に、なんだか寂しくなりましたが、やっぱりこの曲楽しい!!
ギターソロの終わる直前に笑顔で阿佐さんに近寄る。真戸原さん。
その時の阿佐さんの「えー、歌うん?!」という笑顔が・・もうかわいかったです
で、真戸原さんに後ろからかなりしっかりつかまれて(そんなに歌うの嫌なんですか、阿佐さん笑)歌ったんですが、これまた聞こえない!谷口さんと同じ現象が・・

そしてパラダイムで終了。
もちろんお客さんはかなり盛り上がってましたが、会場をあおったり飛んだり(垂直!)跳ねたりとメンバーのみなさんも楽しそうでしたよ

そして、メンバーが退場した後、すぐにアンコールの拍手がおこりました。


アンコール編はまた明日に書きます。
・・なんだか曲よりもMCを詳しく書いているような・・
明後日は曲の事も詳しく書けるように、のり遅れないようにはじめから飛ばしたいと思います

かなり長くなりましたが、最後まで読んでくださった方、どうもありがとうございました
そしてお疲れ様でした。


追記を閉じる▲

【2008/04/01 18:06】 | ライブ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。