ライブレポとラジオレポとあと雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※一部要約や意訳があります


GWはライブにいったり、新曲のプリプロ作業をしたりと、
なんやかんやで音楽に寄り添っていた阿佐さん。
多趣味じゃないために、自分が落ち着いたことや場所が
音楽や野球になるんだとか。



阿佐「ちょっとね、今日はちょっと重いだったりとかする話をしようかなと。

僕ね……昔の自分を見るのがそんな好きな人間じゃないんですよ。
学生時分の自分だったり、卒業アルバムだったり…
振り向きたくないとか、振り向くのが怖いのかってのもあったんですよね 。

けど、最近とかはね、ライブ一つにしてもそう音源一つにしてもそう。
学生時代の自分のことだったりとかもそうなんですけど、
なるべく見るように、聴くようにしています。

自分の過去とね、今の自分をしっかり比較する事によって、
何かを前に進める可能性だったりとか、
そういうのを見つけれるんじゃないかなと思ったりするんですよ。
なかなかね、昔の方がよかったってあまりみんな思わないと思うんですよ。
今の自分の方がいいって。
人と比較するってのが難しかったりするじゃないですか。
同じ人生でも同じ環境でも同じ体系でも同じ容姿でもないですし。
それでね、近づこうとか、コピーしてみようとかいうのは
全然いいと思うんですよ、自分の糧になりますし。
その人になれないという前提のなかで自分なりのオリジナルを作っていく。
吸収することでもオリジナルなんですよ。
どの人をコピーするかって考え方もオリジナルですから。

でね、そういうなかで、比較するのって自分だと思うんですよね。
その頃と自分はどうなのか。
未来のことはさておきでね、あの時こうだった、こういう考え方をしていた。
じゃあ今はそれに対してどうなのか。
考えてみると、もしかしたら過去の方が大人びた考え方だったりとか、
そっちのほうがよかったのかもしれないって事もきっとあるはずなんですよ。
もちろん人に相談することもありって話でね。
自分が自分自身と見つめ直すことで、自分の物差しのなかで、
成長することができると思うんですよ。

それで限界があるとか、思った時点で限界だと。僕自身はそう思います。
だから、音楽をするときとか、ギターを弾くときなんかに
『無理なんじゃないか。』『不可能じゃないんだろうか。』と、
思わないようにしています。
もしかしたらできるかもしれない。今は技術不足で出来ないのかもしれない。
けど、チャレンジすることは出来ますし、今、現在の自分の物差とか
尺度ははかれるわけですよ、それで。
だから、無理ではない。だだ、今は出来ない。
ひねくれてるっていわれたらそこまでですよ。そうですから。

自分の物差しの長さを決めるんじゃなくで、
そのなかでどうだか、どうしたか、過去はどうだったかって考えると、
いろんなものが見えてきたりだとか、逆に人の意見が欲しくなったりだとか。
いろいろすると思うんですよね。

頑なに自分の意思を貫き通すってのも大事だと思うし、
それが僕のなかでロックの定義だと思っていますし。
そのなかでね、自分とも競争しながら…別に過去に全て勝たなければならない、
全ての過去が正しいって言っているわけでは全くなくて。

これは考え方の違いであったりするので、
全てのひとに『うん、そうだな』と思われる必要はありません。
僕個人が思うこと。
そういうふうにいろいろやっていくこととか、僕だと33才ですが、
自分の33年の知識だったりとか、そのなかで今の音楽、
自分が出すギターの音だったりだとかに結びつくわけなんですよね。

皆さんの人生においてもそうですし、
ギターじゃなくても学校だったりとか、そのなかでもね。
たとえそれが7才だろうと15才だろうと50才だろうと、
生きてる年数が違うだけで同じ厚みは持ってるわけです。
数字の問題ではないんです。

自分が限界と言うものをつくらずに、何かに挑んでいったりすること、
もちろん、自分をいい方向に持っていくためのことですよ。これが一番大事。
・・ね、そのなかで何か生まれたらいいと思いますし、
僕自身もそれに葛藤しながら、いろんなところとぶつかりながら、
過ごしています。

もちろん、自分一人では生きていけない。
あるバンドが言ってましたけど、『君がいて、僕がいる』
チャーリー浜さんです。
伝え方が違えど言ってることは同じだと…ほんとにそうだと思います。

だから、例えば輪……人の繋がりの輪、平和の輪。
そういうことももちろん大事ですし、そのなかで自分が過去と比べて
前に進めているかどうか。自分が今居てる社会に適合しているかどうか。
別に適合してなければならないというわけではないです。
合わない時もきっとある。それはそれで構わない。そういう経験をしたあとに
明日の自分がどう思っているかだったりとか、そういうふうに考えていって、
自分の一日ね、一分だったりとか、一時間目の一時間だったりとか、
そういうなかで、少しずつ、みんなが笑って、きらきらしていくね、
そういうふうになっていけばいいなあと。

それで自分が弾いてる楽器の音がね、少しでも救いになったりだとか、
幸せな気分になれたりだとか、美しい涙を流したりだとか、
それの手伝いができればいいなと、僕自身はそう思って、
また今日もこのあと練習します…ふふっ(笑)練習って……
ギターと戯れたいと思います。

ということで、今週はこの辺にしたいと思います。
来週はもっと明るい話をしたいと思います。」



今日はサンザシをオンエア


阿佐「アンダーグラフ ギター・阿佐亮介でした。来週もこの時間にお会いしましょう」







スポンサーサイト

【2011/05/12 23:18】 | ラジオ
トラックバック(1) |
シュノーケルのSNOWKEL THE LAST TOUR “素潜り”に参加したアンダーグラフ。

大阪ではめちゃくちゃうまいお店に行き、また大分では初めての方が多く、
暖かい目で見ていただいたのが印象的だったそうです。
愛してる街・福岡では24時間じゃ足りないってくらい凄い楽しい時間を
過ごしたと阿佐さん。
対バン相手のは、中には初めて見た方もいて(サクラメリーメンのベースさんと
中原さんは仲良し)凄いいいバンドがいるなあと。
まだツアー中なので是非みに行って欲しいなと言っていました。

阿佐「で、今日は何を喋ろうかなって言うと、福岡に凄いよくしてくれてる方が
いるんですね」

その方は阿佐さんのギターの師匠さん。その方から以前阿佐さんに電線屋さんの
オガワさんを紹介されたそうで。オガワさんが阿佐さんの為にギターのシールド
(ギターからエフェクター、エフェクターからアンプに繋がってる線)を
作っていただけるという事で数ヵ月に約束をしていた阿佐さん。
そしてその方が阿佐さんが福岡に来るという事で、徹夜でシールドを仕上げて
下さったらしいです。
オガワさんは阿佐さんとこんな音を出したいと打ち合わせを2時間くらいし、
完成まで約20回くらいつくり直すほど職人肌な方
阿佐さんのが世界で5本目だそうです。(他にはカシオペアの野呂さんや
ベーシストの櫻井哲夫さんなどにつくられたとか。)

早速ライブで使った阿佐さんは、

阿佐「自分の出した音でね、どきっとしたんですよ。みんなたかがシールドとかって
思うかもしれないんですけどされどシールドなんですよこれがまた」

もちろん阿佐さんのイメージ通りの音で、今まで使ってた機材から
こんな音が出るんだとびっくりしたとか。
自分がいい音だと思っても他の人は同じように思わないかもしれなけれども、
この音を良くし、それにみあう演奏力や表現力をもって行こうと思うと語る阿佐さん。
また、人の温もりを感じれるアイテムをまた前に進めそうだとも。

今回のシュノーケルとのライブはどんどん前に向けるような三カ所を回れて
凄く嬉しかったようです。

阿佐「(シールドを)大事にしてですね、このシールドにみあうようなギタリストに、
ギタリストって言えるほどまだまだ甘いですけど、どんどん近付いていきたいなと、
うん、そう思います。ありがとうございました」


引き続き電気の話
1970年以前の昔の音がすごい好きらしく、そんな音を出せれたら嬉しいなと
オガワさんと話したところ、音ははんだで決まると聞いたそうです。
1980年を境に、鉛の入っていないはんだ(無鉛はんだ)が使われ始め、
それ以前は不純物が混ざっていることが当たり前だったそうです。
で、阿佐さんがお願いしたところ、シンガポールからわざわざ1950年代のはんだを
取り寄せて下さったとか!!凄く感動されたようです。
そのまま50年代の音ってわけではないけれど、少し変わった音をみんなに
届けられるんじゃないかなと思います、と阿佐さん。


今日はシュノーケル 波風サテライトをオンエア


阿佐「アンダーグラフ ギター・阿佐亮介でした。来週もこの時間にお会いしましょう」




【2010/03/14 13:05】 | ラジオ
トラックバック(0) |
韓国帰国後の放送
冒頭で韓国はまた行きたいって思うほどいい国だったと振り替える阿佐さん。
韓国は日本よりボルト数が違うため、アンプの音が日本よりボンッと出たそうで
そんなとこからも国の違いを感じたとか。


阿佐「英語がね、非常に大事だと思いました」

韓国の方は日本に興味を持ってるなあと感じられたようで。
現地で対バンしたNapoleon dynamiteも日本が好きで英語も喋れたそうで、
アンダーグラフは本や通訳さんを介して韓国語を話してみたりしたそです。
音楽は言葉を越えるけどコミュニケーションでは言葉が大事だと思ったとか。

阿佐「勉強って言っていきなりこうね、試験勉強うんぬんって僕はすぐに出来ない
タイプなのでゆっくり、ちょっとづつですね、覚えたいなあと思います」


そして韓国ネタ。
世界遺産をみたり街に出たりしたものの、買い物は露店て帽子をかっただけで、
肌で感じたものがお土産になった韓国。
やっぱりと思ったのがメンバーでカジノ行った話。中原さんが一人勝ちされたとか!!

阿佐「無欲の勝利というか……なんかね、ライブみにきていらっしゃる人がよく
僕と中原が競り合っているというか。
仲はいいんですよ。ただ考え方か全く違うと言うか対称的で。
中原は真面目で僕は不真面目なかんじで捉えていただければいいんですけど。
なかなかねえ、合わなくてですね。羨ましい部分でもあったりするんですよ。
そのなかでね、ああいう人が勝つんだろうなっていうのがね、非常に羨ましく思いました」

ちなみに帰りにおごってもらったそうで、この時の模様は2/23のとおるさんのブログに
『アンダーグラフ@韓国vol.3』というタイトルで 書かれているので興味のある方は是非
コンビニとかファーストフード店は日本と同じお店があり、看板が読めない以外は
困ることもなかったそうで。
あと、テレビはチャンネル数が多く、面白いそうです。



ここで、前にリスナーに投げ掛けた『テープレコーダー持ってますか?』の
質問にきたメールを紹介

一人目はテープレコーダーはないけどカセットレコーダーはあるという方。
(送った方は別の物と思っているそうですが同じでだと思うんですけどと阿佐さん。)
学校のテープレコーダーはあるけれど合唱は今時の歌を歌い、
校歌はCDになっているので滅多に使わないという内容に、

阿佐「校歌がCDになっているっていうね、僕はそっちに目が行ってしまったんで
すけども。僕らの時にはなかったですね」

二人目はテープレコーダーを持ってる方から。
ラジカセとコンポについており、まだ使えますという内容。
もしアンダーグラフの曲がカセットテープで発売されても聴聞けますという言葉に、

阿佐「これからカセットテープで発売ってね、なかなかね勇気がいることですけど。
きっとね。僕もコンポ所有してますけどもカセット聴く事が出来ます。同じですね」

便利って言えば便利だけど、古いものも残しつつ進化していけばいいなと
思いますともコメント。

阿佐「アンダーグラフがカセットで発売した場合は、是非購入して頂ければ
嬉しいです」

続いてインターネットで聞かれている方から。
この方はカセットテープを250本以上持っておられるそうで、ラジオ番組や曲、
有名アーティストさんが担当された番組等を保存しているとのこと。
そのなかからMDやパソコンなどにダウンロードして聞いているとか。

阿佐「ラジオね、ラジオチェック、エアチェックっていうんですか?ありますよね。
僕も一時期、小学生の頃していたんですけども。なるほど─」


今日は僕に何が出来るか、考えている。をオンエア


阿佐「アンダーグラフ ギター・阿佐亮介でした。来週もこの時間にお会いしましょう」




【2010/03/12 12:37】 | ラジオ
トラックバック(0) |
阿佐「今回は録音という形でですね、
韓国出発前のアンダーグラフ ギター・阿佐亮介がこの番組を進めたいと思います。」

企画等を寝る間も惜しんで準備中。
ちなみに自分のものは楽器とパスポート以外まったくだとか



本日は音楽から離れた話題に。

阿佐「皆さんは、漫画を、お好きでしょうか?」

すっごい昔からテレビっこで漫画を読むのがすごい好きと阿佐さん。
リアルタイムじゃないけどもサンバルカン・ジャパン・仮面ライダーシリーズと
いわれる戦隊ものが未だに好きだとかで時間があればみてしまうそう。

阿佐「当時はドラゴンボール、北斗の拳、聖闘士星矢、筋肉マンに始まりですね、
今はNARUTO、鋼の錬金術師、ブリーチ、はじめの一歩…ほんとにね、刃牙とかね、
TOUGHとか…あとなんかあったかなあ。毎週20ぐらいの漫画を読んでおります」

オタクと言われるほどそこまで好きかと言われたらわからないそうですが
好きらしくて。
この前いろいろな有名なアニメ主題歌を歌われてる串田アキラさんに
お会いすることができ、お話はできなかったそうですが歌声を生で聴いた阿佐さん。
幼い頃に聴いた主題歌でも結構覚えているらしいです。

阿佐「忘れないんですね。今の子どもたちや若い人にとったら今流れている
オープニングテーマやエンディングテーマだったりが一生残るんでしょうね」

未だに歌える自分が不思議だったり感動したと阿佐さん。
漫画やアニメ─ションは常々子どもたちのヒーローであってほしいというの
がすごいあると。
別のジャンルですが夢を与える職業は素晴らしいと思うし、作家さんや俳優さんなどと
お話してみたいなあという願望もあるとか。

阿佐「自分が忘れていた、けど少なからず記憶に残っていたものをたどって行って
そっから何か新しいものが産まれたりするかもしれないと思って……うん、みんなは
何が好きかなってのが気になって公共の電波を使ってですね(笑)、
みんなに聞いてみたいなあって思って」

音楽もそうだけど、昔みたり昨日聴いたものが変わって聞こえたり、
違う見え方をしたりするものだから、古いものも自分が新しい気持ちで取り込めば
新しいものに変わると思って読んだり聞いてほしいなと思いますと話していました。
(個人的な意見ですが、なんか阿佐さんって強かったり男らしい人に強い強い憧れが
あるのかなあって思いました。プロレスも好きだし。
…それとも世の男の人はだいたい憧れるもの?)

来週は韓国話をする模様!


今日はアニメ「NIGHT HEAD GENESIS」のエンディングテーマ曲になった
言葉をオンエア


阿佐「アンダーグラフ ギター・阿佐亮介でした。来週もこの時間にお会いしましょう」




【2010/03/11 22:20】 | ラジオ
トラックバック(0) |
32歳に成れてきた今日この頃。まずは韓国のはなしを。
来週の放送日は帰国の日なので録音ですと予告
ツアーなんかで全国に行くことはあってもここ数年旅行は行っておらず、
初韓国の阿佐さん。
デビュー当時にニューヨークへライブをしに行った時に作った10年使える
パスポートは、ちょうど髪が白い時に作ったもので、

阿佐「なんか嬉しい・・な、と思うんですよ。はは(笑)なかなかね、
写真とか残るものを自分で持っていないので」

若かりしころの10年前が見れるので、こんなんやったなあとか思い出しながら、
肉付きがよくならないようにと意識してるんですけどと話していました。

この間韓国に行ったおともだちから『-12度だったよ』という話しを聞き、

阿佐「どうしようかなと。非常に寒いのが苦手なわたくしなので」

バタバタしてるので準備も出来ず出発するだろうけど、万全の状態より
いい意味のアクシデントを楽しみにしているとか。
基本的になんとかなるだろうと思う方だそうで、

阿佐「この番組もきちんと週一回皆さんの前にしっかり現れてることか自分のなかで
不思議ではありますし。やっぱり、自分のなかで楽しいんやろうな─ってのは思います」



阿佐「普段思ってることだったりとかね、普段感じていることだったりとかを
話してもいいのかな。そのほうがみんなと共有出来るところが多いのではないかなということ
がすごいあってですね、」

アンダーグラフがバンドを来んだころはデモテープやMDを売っていて、

阿佐「これ不思議でしょ。普通CDが先だろうに(テープの後に)MDって」

CDを作る=メジャーに近付けるっていう先入観からこの順番になったとか。

今や音楽もかなりの発展を遂げている昨今。

阿佐「ひとつ聞きたいのが、みんなテープレコーダーって持ってんのかな」

阿佐さんはテープレコーダー付きのコンポを所有しているそうです。
今はオプションでつくくらいらしく、古きよきものを残しつつ発展していけばいいなと
思うことがよくあるんですと阿佐さん。
ということで、テープの普及率をよければ教えてほしいなとのこと。


今日は春前の灯火をオンエア


阿佐「アンダーグラフ ギター・阿佐亮介でした。来週もこの時間にお会いしましょう」




【2010/03/10 22:14】 | ラジオ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。